岡山マジック速報

第10回 決勝カバレージ:Jun Moriya Vs Daiki Iwama

Author:ぱなっぷ
2016/06/14(火) 14:00

今回で10回目を数えるおかやまじっく

今回の決勝戦に駒を進めたのは、もはや決勝トーナメント常連となった岡山の古豪、モリヤジュン
岡山にての実力は誰もが知るところである。今回彼が使用したのは赤白のエルドラージ、

しかしこの男最近勝ちすぎでは???

立ち向かうはイワマダイキ、緑黒の《謎の石の儀式/Cryptolith Rite(SOI)》デッキを操り予選ラウンドを見事全勝で駆け抜けている。

予選ラウンド最終戦、5回戦目でも対決していた両者、その際はイワマが見事勝利を収めていたのだが果たしてこの決勝戦はどのような展開になるのか、、、、

筆者の予想を尻目に今、決勝戦が始まる。

Game1

スイスラウンドの順位によりイワマの先手

7枚を慎重に吟味する両者
イワマのマリガン宣言を受けキープ宣言をしたモリヤ
しかしイワマはここで痛恨のダブルマリガンに見舞われてしまう、

『きびしいな、、、』

イワマは祈るように占術を行いカードを上に置いた。

先手のイワマは《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes(ORI)》を置き終了

後手のモリヤも《山/Mountain(SOI)》を置き終了

2ターン目にイワマは2枚目の《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes(ORI)》から1点ライフを支払いながらの《エルフの幻想家/Elvish Visionary(ORI)》をプレイし1枚ドロー、マリガンによって失ったアドバンテージを早く埋めたいところである。

対するモリヤも《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge(ORI)》を置いて《面晶体の這行器/Hedron Crawler(OGW)》をプレイ。

次にイワマがセットしたのはまたしても《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes(ORI)》
これによって2枚のダメランから2点を受け《地下墓地の選別者/Catacomb Sifter(BFZ)》をプレイ、エルドラージ末裔トークンが生み出された。
ダメージを負いながらもクリーチャーをしっかりと展開していく。

モリヤも《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》をX=2でプレイしターンを返す

次のターンのイワマの《地下墓地の選別者/Catacomb Sifter(BFZ)》によるアタックを先ほどの《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》で受けこれによって墓地に送られた《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》から飛行持ちの1/1トークンが2体戦場に出た。

このターンの戦闘後のメインフェイズにイワマが仕掛ける!

デッキのエンジンである《謎の石の儀式/Cryptolith Rite(SOI)》をプレイし自分のクリーチャー全てに極楽鳥能力を与え
《エルフの幻想家/Elvish Visionary(ORI)》と末裔トークンからマナを出し、この2マナからプレイされるのは
《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter(SOI)》!!

これが生き残るならイワマの勝利がぐっと近づくのだがモリヤはこれを《石の宣告/Declaration in Stone(SOI)》によって
手がかりトークンへと変えた。

それでも攻め手を緩めないイワマ、《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat(BFZ)》を2体展開し戦場を維持する。

モリヤも《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》を戦場に送り込み飛行トークン2体と一気にレッドゾーンへ送り込んだ!!

これによってイワマのライフを残り7とした。

返すターンに考えるイワマ、《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》のプレッシャーは凄まじい、、、、

しかしここで場に出るは《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter(SOI)》、

そして《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk(ORI)》!!!

一気に追い詰められたモリヤ、2枚目の《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》でフルアタックするも
2体のクリーチャーを食べて6/6となった《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk(ORI)》に1体が討ち取られた。

次のイワマのターンにセットされた《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey(SOI)》とプレイされた《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk(ORI)》、《膨れ鞘/Blisterpod(BFZ)》を見てモリヤは静かにカードを片付けたのだった

イワマ Win   1-0    モリヤ

ダブルマリガンから凄まじい展開で1本目をもぎとり波に乗るイワマ
このまま走りきるのか!?それともモリヤが意地を見せるのか、、、

Game2

先手のモリヤがマリガンを1回行ってキープし
後手のイワマは7枚でキープ、、、

イワマの2ターン目の《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat(BFZ)》によってゲームが幕を開けた。

モリヤの初動は3ターン目の《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer(OGW)》、
次のターンにアタックに向かうもイワマがプレイした《卑小な回収者/Vile Redeemer(OGW)》によって相打ちとなってしまう。

モリヤが《石の宣告/Declaration in Stone(SOI)》をプレイし《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat(BFZ)》を手がかりへと変え、これで戦場が空となる。

イワマは次に《地下墓地の選別者/Catacomb Sifter(BFZ)》を戦場に送り込みエルドラージ末裔トークンを連れて来た。

モリヤは次のターンにクリーチャーを展開することができず、《石の宣告/Declaration in Stone(SOI)》を《地下墓地の選別者/Catacomb Sifter(BFZ)》に撃ち込むのみとなってしまう。

マナをフルオープンで返したイワマに対して《難題の予見者/Thought-Knot Seer(OGW)》をプレイしたモリヤだがここでイワマがプレイするは《集合した中隊/Collected Company(DTK)》!!!

これから召集されるのは《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk(ORI)》と《卑小な回収者/Vile Redeemer(OGW)》!強い、、、

その後《難題の予見者/Thought-Knot Seer(OGW)》によって公開されたイワマの手札が、
《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar(OGW)》 《破滅の道/Ruinous Path(BFZ)》 《エルフの幻想家/Elvish Visionary(ORI)》

この中から《破滅の道/Ruinous Path(BFZ)》を取り除きターンを終えた。

返すターンにイワマは予定調和の《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar(OGW)》をプレイして即忠誠値を-2し
《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk(ORI)》と《卑小な回収者/Vile Redeemer(OGW)》とエルドラージ末裔トークンに+1カウンターを置いた。

その後《エルフの幻想家/Elvish Visionary(ORI)》をプレイしドローを進め、《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk(ORI)》のみでアタックした、

モリヤも《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》を走らせるとイワマはこれをサイズアップした《卑小な回収者/Vile Redeemer(OGW)》とエルドラージ末裔トークンでダブルブロックした。これで《卑小な回収者/Vile Redeemer(OGW)》と《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》との交換が行われる。

さらにモリヤは次のターンに虎の子の《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller(OGW)》をプレイ!!
忠誠値のマイナス能力をX=2で起動して戦場を《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk(ORI)》のみとした。


しかしイワマが追加した《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat(BFZ)》と《壌土のドライアド/Loam Dryad(SOI)》が展開されてのチャンドラへのアタックによって生き残っていた《難題の予見者/Thought-Knot Seer(OGW)》をも失ってしまう。

その後も《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat(BFZ)》の能力によってじりじりとライフを失い続けていたモリヤはついに盤面を片付けたのだった。

イワマ Win 2 - 0 モリヤ

第9回目おかやまじっく優勝はイワマダイキ!
おめでとうございます!!!


"Congratulations!!"

ホーム コラム一覧