岡山マジック速報

第14回 決勝カバレージ:Hiromasa Kawabata Vs Nagai Hiroaki

Author:ぱなっぷ
2016/11/12(日) 18:00

第14回目となったおかやまじっく。

この14回目はメインイベントの参加者が32名と過去最大級となり、皆さんに楽しんでいただけたようで運営一同感謝の気持ちでいっぱいである。

そんな決勝戦に駒を進めたのは津山TCG会という団体のメンバーで、毎月イベントを開催しているカワバタヒロマサと第8回大会でも決勝戦に残ったナガイヒロアキの両名となった。

カワバタが使用するのは現在のスタンダードの環境にて最強のデッキと言われるデッキの一角である「緑黒昂揚」 。

《発生の器/Vessel of Nascency(SOI)》と《過去との取り組み/Grapple with the Past(EMN)》により素早く昂揚を達成し、《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow(EMN)》による制圧力で相手を圧倒するデッキだ…。

ナガイが使用するのは同じく現在のスタンダード環境の最強デッキの一角、白青フラッシュ。

《呪文捕らえ/Spell Queller(EMN)》、《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn(SOI)》をインスタントタイミングでプレイして相手を翻弄する。これを独自の調整の結果から、赤い軽量火力である《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》をタッチしている。

《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow(EMN)》か、それとも《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn(SOI)》か…。

勝つのはどちらか。

Game1

予選スイスラウンドの上位者のナガイが先行。

ナガイが1回マリガンしカワバタは少し考えると、7枚を受け入れて試合開始となった。

先手のナガイが《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole(OGW)》のタップインを処理すると、後手のカワバタが《森/Forest(KLD)》から《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald(SOI)》をプレイし昂揚達成への準備を進めた。

次にナガイが繰り出すは《密輸人の回転翼機/Smuggler's Copter(KLD)》!!!

カワバタの口から「すごい…強い…」と言葉が漏れた。

しかしナガイはクリーチャーを引くことが叶わず《密輸人の回転翼機/Smuggler's Copter(KLD)》に搭乗させる事ができない。

それはおろかナガイの戦場には《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole(OGW)》と《島/Island(KLD)》しか出ておらず白マナもない。

その間にカワバタは《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope(EMN)》、《森の代言者/Sylvan Advocate(OGW)》とたて続きにプレイしていき《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope(EMN)》の忠誠値は順調に上がっていく。

ようやく白マナを引いたナガイはカワバタのエンドに《呪文捕らえ/Spell Queller(EMN)》をプレイしていくも、すぐさまカワバタの《殺害/Murder(EMN)》によって退場させられてしまう。

白マナが確保できたナガイは《無私の霊魂/Selfless Spirit(EMN)》をプレイすると《密輸人の回転翼機/Smuggler's Copter(KLD)》に搭乗させ《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope(EMN)》へと突撃させる、このとき誘発するルーター能力により手札の入れ替えを行う、まさに一石二鳥のターンとなった。

このプレイによってナガイは何とか四枚目の土地を引き込み次のターンには《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》をプレイすることに成功する。

《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》のプレッシャーは凄まじく、カワバタは少し考えた後に《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope(EMN)》の忠誠値を+1し《無私の霊魂/Selfless Spirit(EMN)》を除去すると、セットしてあった《風切る泥沼/Hissing Quagmire(OGW)》をクリーチャー化させ《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》にフルアタック!

《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》は即刻退場となった。

ナガイも負けない。

《反射魔道士/Reflector Mage(OGW)》でずっと居座っていた《森の代言者/Sylvan Advocate(OGW)》を手札に戻すと、そのまま《反射魔道士/Reflector Mage(OGW)》を《密輸人の回転翼機/Smuggler's Copter(KLD)》に搭乗させ、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》が生み出した同盟者トークンとの2体のアタックで《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope(EMN)》を排除に成功する。

お互いにプレインズウォーカーを落としあう壮絶な殴り合い…これは俄然目が離せなくなった!!

《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope(EMN)》を失い不利になったかに見えたカワバタだったがプレイするのは《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald(SOI)》。

昂揚は達成しておりデッキから手札に加えるは《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow(EMN)》!!!

これにより1/2の到達を持った蜘蛛トークンが3体生成され持ち直したかに見えた…!

そのターンのエンドにナガイが唱えるは《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn(SOI)》!!!

しかし《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn(SOI)》といえど《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow(EMN)》の前には攻撃に向かうことが叶わずターンを返してしまった。

さらにカワバタは《害悪の機械巨人/Noxious Gearhulk(KLD)》を戦場に追加し、この《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn(SOI)》は儚くも打ち落とされてしまう。

ナガイは自分のターンにアクションを起こすことなくエンド、これは辛いか…。

カワバタは《森の代言者/Sylvan Advocate(OGW)》を戦場に出し直すと《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow(EMN)》、《害悪の機械巨人/Noxious Gearhulk(KLD)》、クリーチャー化させた《風切る泥沼/Hissing Quagmire(OGW)》にてアタック!!強烈!!!

ナガイも《停滞の罠/Stasis Snare(BFZ)》にて《害悪の機械巨人/Noxious Gearhulk(KLD)》を、《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning(KLD)》にて《風切る泥沼/Hissing Quagmire(OGW)》を除去する。

次のナガイのターン、ナガイは《スレイベンの検査官/Thraben Inspector(SOI)》から手がかりを生成しそのまま2マナ払ってドローする。

「何か、来い!!!」

駆けつけたのは《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》!!!!

…がカワバタの《餌食/To the Slaughter(SOI)》にて《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》はまたも即刻墓地送りとなった。

さらにダメ押しとばかりにプレイするは《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope(EMN)》!

これにより完全に盤面を制圧されてしまったナガイ。トップから《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn(SOI)》をプレイするもどうにもならないことを悟り、盤面を片付けたのだった…。

Game1 カワバタ Win

Hiromasa Kawabata 1 - 0 Hiroaki Nagai

Game2

先手のナガイがマリガンを宣言し、カワバタは7枚のハンドをキープ。

6枚の手札を確認するナガイはこの6枚を良しとせず、もう1回のマリガンを宣言。痛恨のダブルマリガンとなってしまう…これは厳しいか?!

これによって5枚となった手札をキープし、占術したカードは下へ送られゲームが開始された。

後手のカワバタの《精神背信/Transgress the Mind(BFZ)》によってゲームが動き出す。

さらに次のターンに《失われた遺産/Lost Legacy(KLD)》を唱えると、ナガイはそれは流石にと《呪文萎れ/Spell Shrivel(BFZ)》でカウンター。

ナガイの出した最初のクリーチャーが対象のない《反射魔道士/Reflector Mage(OGW)》となり少し寂しい…。

次のカワバタの4ターン目のアクションがナガイにとって致命的となる。

まず《過去との取り組み/Grapple with the Past(EMN)》、これにより《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope(EMN)》が墓地に落ち昂揚を達成。そこからの《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald(SOI)》!サーチするはもちろん《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow(EMN)》!!!!

すぐに場に出ることとなった《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow(EMN)》がまたも1/2の蜘蛛トークンが3体生成する。

これにより一気に窮地に立たされたナガイ。《停滞の罠/Stasis Snare(BFZ)》にて一旦《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow(EMN)》が排除されるも、次のターンにカワバタのドローが輝く。

ドローしたカードは2枚目の《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow(EMN)》!!!!

これで決まってしまった。盤面を埋め尽くした蜘蛛の群れにより、ナガイの反撃の目は完全に絶たれてしまった……。

Game2 カワバタ Win

Hiromasa Kawabata 2 - 0 Hiroaki Nagai

第14回目おかやまじっく優勝はKawabata Hiromasa!!

おめでとうございます(`・ω・´)ノ

"Congratulations!!"

ホーム コラム一覧